ニュース&トピックス

大学院電子科学研究科終了記念式典を開催しました

平成23年9月10日(土)に大学院電子科学研究科終了記念式典をグランドホテル浜松において行いました。式典でははじめに永津雅章創造科学技術大学院長(前電子科学研究科長)の開会の挨拶に引き続き、伊東幸宏学長、中村達浜松医科大学長、江川猛浜松工業会長の挨拶、石川正俊東京大学教授による「高速ビジョンとその応用」と題した特別講演、35年を振り返っていただいた4人の研究科長時代の話のほか、4人の修了生の学生時代の思い出話などで盛会のうちに幕を閉じました。
引き続き行われた懇親会では、修了生、指導教員などの旧交を温める姿が会場内で見受けられました。

電子科学研究科は、後期3年の大学院独立研究科として電子工学に関する研究領域の拡充・深化のほか、電子工学と他の分野との学際領域における高度な研究の発展向上を担う研究者の育成と高度な専門知識を備えた職業人の育成を目的として、電子工学研究所、工学部関連講座の連携のもとに、浜松医科大学の協力による客員講座で構成する新制国立大学としては初めての工学系博士課程として昭和51年度に創設され、廃止までの35年の間に課程博士は324名、論文博士は109名が誕生しました
電子科学研究科は、平成18年4月に理工学研究科とともに発展的解消され、新しく後期博士課程である創造科学技術大学院に統合されました。平成23年3月に最後の在籍者の異動にともない、事実上廃止となりました。

(クリックで拡大します)

(クリックで拡大します)

トピックス

イベント
Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.