情報科学専攻
保坂 哲也 准教授
研究内容
1. CAT(0)群が幾何学的に作用するCAT(0)空間の研究を行っている。特に、Coxeter群が作用するDavis複体とその境界の研究をしている。
研究内容
認知症ケア高度化のための医療介護連携ツールの開発
静岡大学浜松キャンパス
静岡大学浜松キャンパスにある各部局へのポータルサイトです。
2018.2.19
情報学部桐山准教授の「認知症ケアのAI解析」の研究が静岡新聞に掲載
情報科学科・桐山研究室では、人工知能技術を駆使し認知症ケアの質の向上を図る研究を進めています。 医療介護現場の知見をAI解析などで「見える化」し、認知症ケアのエビデンス(科学的根拠)を構築する取り組みを静岡新聞で紹介いただきました。 静岡新聞2018年2月14日朝刊24面
2017.12.6
高柳シンポジウムにおいて、創造科学技術大学院 光・ナノ物質機能専攻 鈴木脇谷 坂元研究室のデブナス・ニパさん(博士課程3年)が The Best Presentation Award For Young Researchersを受賞しました。
2017.11.27
竹林特任教授・桐山准教授らが参画する「みんなの認知症情報学会」設立の記事が中日新聞1面トップで紹介
創造科学技術大学院・竹林洋一特任教授が理事長、創造科学技術大学院・石山洸客員教授、情報学部・桐山伸也准教授らが理事を務める「みんなの認知症情報学会」が11/28に設立されます。11/25付けの中日新聞1面トップで学会設立の記事が掲載されました。
2017.11.15
Rui Huさん(自然科学系教育部ナノビジョン工学専攻修了生、永津研)が、IUMRS-ICAM2017国際会議において、Award for Encouragement of Researchを受賞しました。
2017.10.20
創造科学技術大学院平成30年4月入学第二次入学試験募集要項を掲載しました
現在予定されているイベントはありません
超領域分野における国際的若手人材育成プログラム
共同研究や共同教育を通して、学生・若手研究者のグローバル化と育成を支援します。
一押し研究紹介
静岡大学創造科学技術大学院における最先端の研究を紹介します。
Duble Degree Program
複数学位取得制度(Double Degree Program)を利用して、海外の提携大学で学位取得が可能です。
中東欧・アジア地域国際連携教育プログラム
中東欧・アジア地域国際連携教育プログラムを紹介します。
キャリア支援
本大学院では、専門家・OBと学生の「顔が見える」キャリア創造支援を推進しています。
博士人財キャリア創造プログラム
大学院博士課程で培った、専門知識と"創造的"問題解決能力を発展させ、多彩な分野で活躍するための支援を行なっています。
Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.