部門紹介(創造科学技術研究部)

トップページ >> 部門紹介(創造科学技術研究部) >> 各部門の研究内容 >> エネルギーシステム部門

エネルギーシステム部門

目標・活動方針

本部門では、持続的成長が可能な社会を構築するために必要な産業技術の基盤となる生産システムとプロセス制御技術、ゼロエミッション技術、新・省エネルギー技術、ならびに環境影響評価技術等の研究開発を行います。

化石燃料の大量使用による地球環境破壊を回避するために、各専門分野に深く切り込むとともに、領域を超えた発想により各専門分野の深いところでイノベーションを創出し、かつ実用化を見据えて各分野間の連携・融合を促進することを本部門における基調とします。

さらに、環境・エネルギー技術と最先端の光科学・技術とを融合して光により水素を製造する技術の開発、極短レーザーパルスを用いた化学反応の制御、超臨界流体技術とマイクロ波加熱を複合化した新規化学反応場の創製技術の開発など、新たな学術融合分野の研究を進めていきます。

これら成果を広く世界と地域に還元し、イノベーションの創出を目指します。

所属教員(2015年度)

氏名 職名 所属専攻 キャンパス
大岩 孝彰 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
桑原 不二朗 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
齋藤 隆之 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
佐古 猛 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
中山 顕 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
野口 敏彦 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
早川 邦夫 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
福田 充宏 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
福原 長寿 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
二又 裕之 教授 環境・エネルギーシステム 浜松
朝間 淳一 准教授 環境・エネルギーシステム 浜松
孔 昌一 准教授 環境・エネルギーシステム 浜松
真田 俊之 准教授 環境・エネルギーシステム 浜松
島村 佳伸 准教授 環境・エネルギーシステム 浜松
松井 信 准教授 環境・エネルギーシステム 浜松

活動報告(2013年度)

Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.