部門紹介(創造科学技術研究部)

トップページ >> 部門紹介(創造科学技術研究部) >> 各部門の研究内容 >> オプトロニクスサイエンス部門

オプトロニクスサイエンス部門

目標・活動方針

オプトロニクス、すなわち光と量子エレクトロニクスとの融合を学術的な観点から探求し、その成果を社会に還元することを目的としています。
(1)プローブ顕微鏡や非線形レーザ顕微鏡の開発
(2)ナノ加工、ナノ操作技術、表面・界面における原子スケールでの構造制御
(3)太陽、熱エネルギーを利用した発電デバイスや次世代光素子材料の開発
(4)瞳孔検出技術とその応用
(5)超高感度センシングデバイスの開発
等に取り組んでいます。

所属教員(2018年度)

氏名 職名 所属専攻 キャンパス
海老澤 嘉伸 教授 ナノビジョン工学 浜松
岩田 太 教授 光・ナノ物質機能 浜松
江上 力 教授 光・ナノ物質機能 浜松
下村 勝 教授 光・ナノ物質機能 浜松
早川 泰弘 教授 光・ナノ物質機能 浜松
村上 健司 教授 光・ナノ物質機能 浜松
李 洪譜 教授 光・ナノ物質機能 浜松
清水 一男 准教授 光・ナノ物質機能 浜松

活動報告(2016年度)

Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.