部門紹介(創造科学技術研究部)

トップページ >> 部門紹介(創造科学技術研究部) >> 各研究院の特徴

各研究院の特徴

浜松研究院

 浜松地域は、ホンダや浜松ホトニクス等の日本のベンチャー発祥の地であり、これらの企業と本学は強い連携をもって相互に発展しており、現在、同地域は【光技術関連産業集積促進特区】に認定され、光学分野での創意に溢れた産業活動を開始するところとなっています。

 本学は、これまでの共同研究関連組織を統合したイノベーション共同研究センターの新設や、文部科学省知的クラスター創成事業「浜松オプトロニクスクラスター」を展開するなど、実績のある産学連携・地域貢献を強化してきました。 今回の本大学院の構想におけるナノビジョン科学技術分野の特化は、浜松地域の産業特性に視点を置いて、本学の教育研究との結びつきの一層の強化を図っていくものです。

静岡研究院

 中部から東部地域にかけては、食品、薬品、農漁業などの産業集積が進み、大企業の進出が盛んとなっています。 静岡県では、首都圏に近い恵まれた交通インフラと自然環境を背景に、健康関連産業の振興と集積が期待される地域との認識から、ファルマバレーセンターを設置し、支援体制を整えているところです。

 静岡キャンパスにおける環境、バイオ、生物の研究分野の特化は、地域企業と本学の連携の基に、最先端生物産業創出のための推進基地及び国際的バイオ拠点としての役割を担い、地域産業活動の推進に貢献することを目的としています。

Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.