専攻紹介(自然科学系教育部)

トップページ >> 専攻紹介(自然科学系教育部) >> 光・ナノ物質機能専攻

光・ナノ物質機能専攻

教育目標

物質のナノ空間での機能制御及び光と物質の相互作用を基にして、通信、計測、化学産業などに大きな広がりを見せる産業分野において、応用を志向しつつ、基盤となる物質科学と光化学の基礎学問に精通して将来における技術革新に対応でき、産業界を牽引できる人材の育成を目標としています。

教員紹介

板垣 秀幸 教授 / 静岡
高分子化学、光物理化学、ソフトマテリアル(ゲル等)
光プローブ法による分子レベル評価と評価法の開発や、高分子固体・ゲルを機能化し、評価している。例えば、有害汚染物質を浄化したり、外部刺激で仕事をするゲルの開発などを行っている。
板垣 秀幸

岩田 太 教授 / 浜松
精密計測、ナノ加工、表面科学
ナノテクノロジーを担う超精密技術として精密工学や応用光学を中心にプローブ顕微鏡などの精密機器開発に取り組んでいます。
岩田 太

江上 力 教授 / 浜松
光記録,光計測
非線形レーザ顕微鏡の開発とそれを使った超高密度光記録,光計測法の研究に取り組む
江上 力

岡林 利明 教授 / 静岡
物理化学,分子科学,分子分光学
分光学的手法を用いて、短寿命活性種(ラジカル・クラスター)の物理化学的性質についての研究を行っている。
岡林 利明

喜多 隆介 教授 / 浜松
酸化物超伝導材料, 薄膜作製プロセス
高効率エネルギー利用のための磁束補足用高温超伝導バルク材料、及びMOD法を用いた低コスト超伝導薄膜形成プロセスについて研究を進めている
喜多 隆介

久保野 敦史 教授 / 浜松
有機材料物性(有機薄膜, 液晶) 
有機薄膜や液晶などに代表される有機分子凝集体において、界面や外場(電場、光)との相互作用を利用して分子の配向を制御するとともに、重合反応により高分子化することで得られる特異な秩序構造(高分子超格子)の形成過程ならびに物性の発現機構について研究している。
久保野 敦史

小林 健二 教授 / 静岡
超分子化学、有機機能化学
超分子化学と有機構造化学を基盤として、分子素子を指向した新規有機物質の設計・合成とその分子集合性について研究を行っています。
小林 健二

小林 健吉郎 教授 / 浜松
無機発光材料, 薄膜工学 
量子ドットを自己組織的に作製する新規な手法を開発し、量子ドットを用いた新規なLEDディスプレイの実現を目指す。
小林 健吉郎

近藤 満 教授 / 静岡
金属錯体化学
金属錯体カプセルを応用した水からの有害物質の高選択的除去や、酸素分子を活性化する金属錯体、および外部刺激に応答して構造を変化させる動的金属錯体の合成など、金属錯体の構造を利用した機能発現に関する研究を進めている。
近藤 満

近藤 淳 教授 / 浜松
波動エレクトロニクス工学, センサ工学
表面波を利用したセンサやアクチュエータの実用化研究ならびに新しい機能素子実現を目指した研究を行っています。
近藤 淳

昆野 昭則 教授 / 浜松
光電気化学、有機電気化学
低コスト次世代型太陽電池として期待されている色素増感型太陽電池の高性能化を目的として研究を行なっている。
昆野 昭則

坂本 健吉 教授 / 静岡
有機典型元素化学・有機光化学・有機物理化学
有機ケイ素化学を基盤とする機能性材料の研究を行っている。
坂本 健吉

下村 勝 教授 / 浜松
表面化学、表面界面物性
有機無機界面で生じる特異な物性を応用して新機能材料の開発を行う。
下村 勝

鈴木 久男 教授 / 浜松
無機材料科学、ゾルゲル法による薄膜及びナノ粒子の合成と物性制御
環境調和型材料や次世代ナノマテリアルとして期待される強誘電体薄膜や酸化物ナノ粒子のケミカルプロセッシングを研究している。
鈴木 久男

田坂 茂 教授 / 浜松
高分子材料物性 
高分子〈プラスチック)材料の電気〈帯電性)・力学(強さ、触感, 傷つきやすさ等)的性質と表面界面の構造・分子運動の関係を明らかにするため、様々な表面・界面分析を行っている。
田坂 茂

立岡 浩一 教授 / 浜松
半導体工学, 電気電子材料
安全で資源豊富な材料からなる光電変換,熱電変換材料の開発を行っている.また,ナノレベルの構造制御により材料の性能向上を目ざしている.
立岡 浩一

冨田 誠 教授 / 静岡
量子光学、量子エレクトロニクス
ランダム媒質、ナノ構造光学系など、特殊な条件下においての、光の伝播現象、光の放射現象、を研究している。
冨田 誠

鳥居 肇 教授 / 静岡
理論化学,分子分光学,溶液化学
水などの液体系や蛋白質などの生体分子系の,ダイナミクス・機能・相互作用を,理論的に解析している。これら物質系の諸性質を生みだす系内各部分どうしの連動的運動と,その光による検出に関わる基礎論に,力点をおいている。
鳥居 肇

早川 泰弘 教授 / 浜松
電子材料工学 
光や熱を電気に変換するデバイスの作成を目指しています。地上と微小重力環境下実験により、結晶成長に対する重力効果を調べ、良質な多元素半導体の結晶成長技術を開発しています。
早川 泰弘

藤間 信久 教授 / 浜松
物性理論、非晶質物質の構造・物性の第一原理計算
第一原理計算を用いて、計算機上で新たな物性をもつ材料の設計、アモルファス合金やナノ粒子等の構造や物性の解明を目指している。
藤間 信久

符 徳勝 教授 / 浜松
新規多機能性(誘電・圧電・焦電・光電)酸化物の開発,固体物性
グリーンな新規多機能性材料の設計方針・物質開発を探索し、材料物性及び物性起因の解明とその技術応用に関する研究を行っています。これらの研究を通して社会に還元します。
符 徳勝

前田 康久 教授 / 浜松
光電気化学、光触媒、工業物理化学
二酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛等の光機能材料を用いた環境・エネルギーに関する研究を行っています
前田 康久

間瀬 暢之 教授 / 浜松
生物有機化学 ・有機触媒化学
「グリーンケミストリーとプロセス化学に基づいた有機化学における反応・合成手法の開発と応用」:既存の技術を踏まえた新規な技術・方法論を研究し、化学産業の基盤技術の強化・持続的発展を目指します。
間瀬 暢之

三重野 哲 教授 / 静岡
プラズマ科学、炭素クラスター科学、宇宙環境科学
種々の炭素クラスター、ナノ材料の合成・物性分析・応用研究を行っている。反応性プラズマの発生・診断・応用の研究を行っている。宇宙環境を模擬した実験的研究も積極的に行っている。
三重野 哲

村上 健司 教授 / 浜松
電子材料工学, 表面電子工学
エネルギー変換機能材料の開発を行い、色素増感太陽電池ならびに応力発光素子などへの応用を進めている。
村上 健司

依田 秀実 教授 / 浜松
有機合成化学、生理活性天然物合成、化学酵素触媒反応
微量生命維持物質構築を目指す新方法論開発と合成戦略、および新規化学酵素設計と生命反応論の解明を目指している。
依田 秀実

脇谷 尚樹 教授 / 浜松
材料科学、気相法によるセラミックス薄膜の作製と電気的・磁気的性質
新規の機能性セラミックス(強誘電性セラミックス、磁性セラミックス、透光性セラミックス)の薄膜を気相法で作製している。特に、自己組織化を用いた結晶構造やナノ構造制御に注目して研究をしている。
脇谷 尚樹

海老原 孝雄 准教授 / 静岡
強相関電子物性実験
希土類および3d遷移金属間化合物の純良単結晶育成および磁性と伝導・超伝導についての実験的研究
海老原 孝雄

木下 治久 准教授 / 浜松
プラズマプロセス装置、プラズマ材料応用
多機能型スーパーマグネトロンプラズマ装置を研究開発し、その装置の性能評価そして導電性窒化炭素膜作製並びにその膜を太陽電池に応用する研究を行なっている。
木下 治久

清水 一男 准教授 / 浜松
大気圧マイクロプラズマ応用
マイクロプラズマを応用した医療、環境、流体制御などの研究を行っています。
清水 一男

関根 理香 准教授 / 静岡
計算化学、理論化学、量子化学
分子軌道法、分子動力学法、グラフ理論などを用いて、無機化合物・材料の構造・物性・反応性の解明をめざしている。
関根 理香

田中 康隆 准教授 / 浜松
リチウムイオン電池, 有機合成化学, 分子認識化学
電圧が高く,長持ちするけど軽くて,安全で燃えにくい新しいリチウムイオン電池を開発を行っている.
田中 康隆

冨田 靖正 准教授 / 浜松
無機固体材料、固体イオニクス、固体NMR
無機固体化合物を中心とした合成とその物性評価を行い、リチウムイオン二次電池などへの応用を目指している
冨田 靖正

中村 篤志 准教授 / 浜松
結晶成長 酸化物半導体 グラフェン 2次元層状材料
複合酸化物・ナノカーボン材料をベースに結晶成長を通じてナノエレクトロニクスへの貢献、新規デバイス創製に取り組んでいます。
中村 篤志

鳴海 哲夫 准教授 / 浜松
生物有機化学、創薬化学、ケミカルバイオロジー、ペプチド化学
創薬を指向した有機化学的手法の開発、生命現象を有機化学で理解するための機能性分子の創製
鳴海 哲夫

平川 和貴 准教授 / 浜松
光化学、物理化学、生物分子科学、ナノ材料科学
低侵襲で副作用が小さいがんの光線力学的療法において、酸素に依存しないメカニズムとDNA選択的薬剤の開発により治療効果の向上を目指している。
平川 和貴

モラル ダニエル 准教授 / 浜松
ナノ構造、ナノエレクトロニクス、原子デバイス
シリコンナノトランジスタ/ナノダイオードにおけるドーパント原子を介してトンネリング輸送;半導体ナノデバイスの製造。
モラル ダニエル

山中 正道 准教授 / 静岡
超分子化学、有機合成化学
超分子ゲルや超分子カプセルなどの機能性超分子集合体を形成する有機化合物の開発を行っている.
山中 正道

李 洪譜 准教授 / 浜松
光ファイバデバイス
広帯域・超高速光ファイバ通信、光ファイバセンジングシステムの構築を支える様々なファイバデバイス、光信号処理の研究を行なっている。
李 洪譜

Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.