専攻紹介(自然科学系教育部)

トップページ >> 専攻紹介(自然科学系教育部) >> ナノビジョン工学専攻

ナノビジョン工学専攻

教育目標

ナノビジョン工学専攻では、光子・電子のマクロな制御を基盤とする従来の画像工学の様々な限界を打破するため、画像技術とナノサイエンスを一体化し、個々の光子・電子のナノ領域制御を画像工学に導入した新学術分野「ナノビジョンサイエンス」を発展させることを教育研究の目標としています。

創造科学技術大学院の博士課程教育の理念とこの教育目標に従い、本専攻では、新分野の科学技術を創出する専門知識と柔軟かつ豊かな感性を併せもつ国際的技術者・研究者の育成に取り組んでいます。

教員紹介

青木 徹 教授 / 浜松
放射線イメージング
不可視光にエネルギースペクトルイメージングの概念を導入しX線、ガンマ線、中性子のイメージングについて、デバイス、システムおよびCTをはじめとするイメージング技術に関する研究を要素技術から実用化研究まで行っている。
青木 徹

石田 明広 教授 / 浜松
半導体物性・デバイス
IV-VI族半導体を中心とした半導体・量子井戸物性と中赤外線レーザや熱電デバイスなどデバイスへの応用に関する研究を行なっている。
石田 明広

猪川 洋 教授 / 浜松
半導体工学
単電子トランジスタなどのナノデバイスを用いて、低消費電力・高集積度な回路システムの構成方法を研究しています。ナノデバイスは高感度なセンサーにもなるため、単一フォトン検出等への応用も試みています。
猪川 洋

海老澤 嘉伸 教授 / 浜松
視覚情報工学
福祉医療やドライバーの安全運転の向上のために、ビデオカメラを用いた瞳孔検出技術の開発とそれを基礎とした視線検出、顔姿勢検出によるヒューマンインタラクション、人間行動監視のための方法及び装置の開発研究を行っている.
海老澤 嘉伸

小野 行徳 教授 / 浜松
半導体工学
シリコン中のドーパント原子を用いた単一電荷、単一スピン、及び単一フォノンの制御に関する研究を行っている。
小野 行徳

金武 佳明 教授 / 浜松
人間/コンピューター・インターフェース: ビジョン情報処理、コンピュータグラフィックス
表面情報伝達担体に関する研究とその応用
金武 佳明

川田 善正 教授 / 浜松
光物理、光応用計測、光情報処理
光応用計測を基盤として光を用いた微小物体の計測、加工、制御に関する研究を行なっている。また、レーザ光と物質の相互作用の解明、多光子過程による高分解能顕微鏡の開発なども行なっている。
川田 善正

川人 祥二 教授 / 浜松
集積回路工学、半導体デバイス
CMOS集積回路と光検出デバイスを融合した新機能のイメージングデバイスに関する研究、高速電荷転送を用いた時間分解撮像等、CMOSの機能性を生かした高機能イメージセンサの研究を行なっている。
川人 祥二

永津 雅章 教授 / 浜松
プラズマ科学、プラズマ応用
プラズマ科学を基盤とする各種プラズマプロセス技術の開発およびナノテクノロジー、バイオ・医療分野への応用を目的として研究を行なっている。
永津 雅章

中本 正幸 教授 / 浜松
真空ナノサイエンス、MEMS、ディスプレイ、先端材料
光・電子融合新領域開拓のため,超現実感・3次元FED/MEMS/ディスプレイ, 宇宙・原子力・耐環境用MEMS/真空ナノデバイス,真空ナノパワーデバイス,蛍光体、カーボンナノチューブ等のMEMS・センサー用先端材料等の研究を行なっている。
中本 正幸

橋口 原 教授 / 浜松
半導体マイクロマシーニング、センサ
MEMS素子のモデリングをベースとした設計論の確立と、半導体素子とMEMSの集積化を研究している。
橋口 原

原 和彦 教授 / 浜松
半導体工学、固体物理学、ディズプレイ工学
ディスプレイ、光源等の発光デバイスの高性能化と新デバイス創出のために、半導体ナノテクノロジーに基づいた新しい発光材料の開発、及びこれらの光物性の解明、デバイス応用に関する研究を進めている。
原 和彦

廣本 宣久 教授 / 浜松
テラヘルツテクノロジー、テラヘルツセンサー、赤外線工学、光散乱計測
テラヘルツセンサー、テラヘルツ時間領域分光装置の研究を中心に未開拓電磁波領域テラヘルツ波の応用開拓に取り組む。大気環境保全のため光散乱計測による空気中浮遊粒子検出の研究も推進している。
廣本 宣久

ミゼイキス ビガンタス 教授 / 浜松
応用光学、レーザ加工、マイクロ・ナノフォトニクス
フェムト秒パルスレーザーを用いたフォトニックマイクロナノ構造の作製,材質変性および光学特性の評価.
ミゼイキス ビガンタス

三村 秀典 教授 / 浜松
真空ナノエレクトロニクス
ナノビジョンサイエンス用の超高精細フィールドエミッションディスプレイ(FED)と超高解像度X線イメージセンサを開発するための要素技術の研究を行なっている。
三村 秀典

池田 浩也 准教授 / 浜松
半導体工学、半導体デバイス工学、半導体量子物性
シリコンナノ構造を利用した新機能・高性能デバイスの開発を目的として研究を行なっており、超高効率熱電変換素子の開発を中心に研究を進めている。
池田 浩也

居波 渉 准教授 / 浜松
光計測、顕微計測
新たな計測手法の開発により、これまで測定できなかったものの可視化を目指す。
居波 渉

井上 翼 准教授 / 浜松
半導体工学, 結晶成長, ナノ材料工学
カーボンナノチューブ(CNT)は、軽量でありながら機械強度・電気伝導特性・熱伝導特性に優れたナノ材料である。CNTの合成からCNTファイバー、CNTシート等の構造体及びCNT複合材、CNTエレクトロニクスなどの応用研究まで行っている。
井上 翼

荻野 明久 准教授 / 浜松
プラズマ科学、プラズマ応用
新しいプラズマ応用プロセスの開発を目的としていて、プロセスに応じた最適なプラズマ生成と制御に関する研究を行なっている。
荻野 明久

小野 篤史 准教授 / 浜松
近接場光学,プラズモニクス
効率よく表面プラズモンを励起する金属ナノ構造体を設計,作製する.表面プラズモンによる電場増強効果を利用した超解像イメージングデバイス,高感度光検出器を開発する.
小野 篤史

香川 景一郎 准教授 / 浜松
CMOSイメージセンサ,情報光学
バイオメディカルCMOSイメージセンサ,マルチアパーチャ光学系を利用した計算光学に基づく超高速,高感度撮像
香川 景一郎

根尾 陽一郎 准教授 / 浜松
真空ナノエレクトロニクス,電子源,真空電子アプリケーション
微小電子源,ホトカソード,電界放出源等の電子放出の物理から,高周波管,撮像管等などの応用
根尾 陽一郎

渡邊 実 准教授 / 浜松
光情報処理,集積回路工学,宇宙デバイス,光電子融合デバイス,リコンフィギャラブルデバイス
光情報処理と集積回路工学の境界領域を埋める光電子融合デバイスの研究開発
渡邊 実

武田 正典 講師 / 浜松
テラヘルツ技術、サブミリ波回路、超伝導エレクトロニクス
高出力フェムト秒レーザを用いたテラヘルツ時間領域分光(THz-TDS)装置を開発し、THz応用を目指したシステムの高度化及びテラヘルツイメージング技術に関する研究を行っている。
武田 正典

堀 匡寛 講師 / 浜松
半導体工学、量子エレクトロニクス
シリコントランジスタ中の量子準位を利用した電荷とスピンの操作技術の開発を行っている。
堀 匡寛

Copyright © Graduate School of Science and Technology, Shizuoka University All Rights Reserved.